危険なポイントサイトの5つの条件とその見分け方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

悪質なポイントサイトの見分け方とサイト別危険度
数多くあるポイントサイト(お小遣いサイト)の中には換金ができなかったり、換金するまでに何か月もかかるような悪質なサイトが存在します。
これから本気で副業を考えてポイントサイトに登録しようとする方が、悪意のあるポイントサイトの登録をしないためにもぜひ参考にしてください。

この記事では悪質なポイントサイトの見分け方と三段階に分けてポイントサイトの危険度を評価していきます。

危険なポイントサイトとは

ポイントサイト自体は、運営もユーザーも広告出稿をする企業にとってもお互いにメリットのある仕組みです。
一部で悪質なポイントサイトがあることでポイントサイトのサービスのイメージが悪くなってしまうことがあるため、どんなポイントサイトが悪質なのか見極めていきましょう。

また、ポイントサイトの仕組みを理解することも見極めるために必要になるため、ポイントサイトの仕組みについては関連記事を参考にしてください。

危険なポイントサイトの5つの条件

「危険なポイントサイトってどんなサイトなの?」と思われる人は下の5つを参考にしてポイントサイトの危険性を見分けましょう。

  • 運営会社が明記されていない
  • 換金ができない
  • セキュリティ対策がされていない
  • ポイントの有効期限は短すぎる
  • 退会できない

最低換金額が高額

ポイントサイトによって最低換金額が決まっています。
ちゃんとしたポイントサイトであれば最低換金額は1000円未満で換金や交換ができますが
危険なポイントサイトになると最低換金額が5000円以上だったりします。
5000円以上になると換金するまでに時間がかかり、換金できるかどうかも不安になります。
また、一度換金できたとしても、また5000円以上のポイントを貯める必要があるのでおすすめしません。

セキュリティに問題がある

情報漏えいが騒がれている今、セキュリティ対策を行っていないポイントサイトは避けましょう。
ログイン情報やクレジット情報などを暗号化するSSLはポイントサイト運営において必須なので
SSLを導入していないポイントサイトは危険だと思った方がいいです。

ポイントの有効期限が短い

ポイントサイトのポイントには有効期限があります。
有効期限の条件はポイントサイトによりますが、
ログインしてから数か月間がポイント有効というサイトやポイントを獲得してから数か月間が有効というサイトがあります。
この有効期限は最低でも半年間はないと、危険なポイントサイトだと思ってよいでしょう。
ポイントの有効期限は登録前の利用規約に書かれていますが、利用規約は文章が長いため、見つけるのがとても困難です。
公式サイトから有効期限を調べると時間がかかるのでGoogleやYahoo!で検索して探してみてください。

ポイントを全員プレゼントと思わせて実は抽選

例えば会員登録をすると広告が10件準備されていて「10件の広告に登録すると10000ptプレゼント」というキャンペーンがあり、全員にプレゼントするようなキャンペーンとして記載されています。ですが細かく見ていくと実は抽選という場合が多くあります。悪質かつ、このようなキャンペーンに当選するのかも疑問です。実際に当選した人は見たことがありません。

安全性の評価

ポイントサイトの危険性をA・B・Cの3段階に分けて評価していきます。
Aの評価が最も危険で悪質なサイトとして評価しています。

サイト名 安全性 公式サイト
モッピー A 公式サイト
ちょびリッチ A 公式サイト
ポイントインカム A 公式サイト
ゲットマネー A 公式サイト
げん玉 A 公式サイト
ライフメディア A 公式サイト
ハピタス A 公式サイト
ポイントタウン A 公式サイト
ポトラ A 公式サイト
CMサイト A 公式サイト
キラキラウォーカー C
POM(ポム) C
ポイントモール C
激ポイント C

※危険なサイトは登録を防ぐ為、公式サイトのURLの掲載はしておりませんので予めご了承ください。

まとめ

換金できなかったり、騙そうとしているポイントサイトに登録すれば副業を本気で始めようと考えている方は、「副業なんて始めなければよかった」なんて考えてしまうかもしれません。せっかく雇われずに稼ごうと思う意欲すらなくなりかねません。安全なポイントサイトで稼ぐこと、また安全なポイントサイトを紹介することでポイントサイトが発展すると思います。

悪質なポイントサイトを見極めた上で楽しく稼ぎましょう。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加