モッピーの実質無料の落とし穴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

モッピーの実質無料の落とし穴

ポイントサイトのモッピーにはたくさんの広告があり、中でも注目の広告が実質無料、もしくは100%還元の広告です。

モッピーのサイト経由で実質無料で商品の購入やお試しができることで気になる商品を気軽に試すことができます。

ただ、この実質無料の広告も落とし穴もあるので今回は、実質無料だった商品が結果的にをすることがないようにいくつかの落とし穴を紹介します。

ここで実質無料について理解すれば、安心して商品購入することができます。

そもそも実質無料って何!?

実質無料というのは商品の購入代金と同じ分のポイントを還元してもらうことで実質的に無料で商品やサービスを試すことができるものです。
キャンペーンなどをやっている場合は商品の購入代金以上のポイントをもらうことができるので、毎日チェックすることで非常にお得に商品やサービスを試すことができます。
実際に実質無料で試して、しかもお小遣いまでもらえた事例は「楽天SHOWTIMEを31日間無料で楽しめてお小遣いももらう方法」で紹介しています。

実質無料の落とし穴

実質無料なのに損をしてしてしまう可能性があるのは

  • 定期購入をしてしまう
  • 購入商品を間違える
  • 2回目の購入をしてしまう

定期購入で解約を忘れる

実質無料は定期購入の広告が多くあります。定期購入をすると契約した翌月も自動的に料金が発生し、商品が届いてしまったり、サービスを継続してしまうことがあります。気に入った商品やサービスであれば問題ないと思いますが、ポイントだけ稼いだら解約するような商品については忘れると料金が発生してしまいます。
解約日を忘れないようにカレンダーなどに記入しましょう。

購入商品を間違える

ポイントサイトから商品購入画面にアクセスした際に購入ボタンがいくつかあり、定期コースのコースもいくつかあります。ポイントサイトの条件に沿ったコースに申込みをせずに違うコースに申込みをするとポイント対象外になり、ポイントがもらえません。
注文する前に必ずポイントの条件を見てから商品の購入をしましょう。

2回目の購入をしてしまう

一度購入した事のある商品を再度購入するとポイントが付かない案件がよくあります。「2回目の購入可」を条件に記載があればポイントが付きますが基本的に2回目の購入はポイントはつきません。1回目と2回目で経由したポイントサイトが異なっていても同じなので、一度購入したことのある商品やサービスはエクセルなどに履歴として残しておくとよいかもしれないです。

まとめ

モッピーの実質無料はとてもお得な買い物です。手順や購入方法などを間違えなければ商品やサービスを無料で試せることができます。最初は少額の案件から実質無料に慣れて少しづつ高額商品を狙っていきましょう。またキャンペーンで120%還元などの購入金額以上のポイントがもらえる案件もあるのでできるだけ毎日チェックして見逃さないようにしましょう。

モッピーを始めよう
▼ ▼ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加