LINE(ライン)スタンプを制作して副業として稼ぐ方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ラインスタンプ制作で副業を始めよう

みなさんLINEは使ってますか?

スマホを持っている方であればほとんどの方がLINEを使っていると思います。
LINEをつかっている方は一度は聞いたことがあるLINEクリエイターズスタンプ
なんとクリエイターズスタンプはLINEを利用している人であれば誰でも自作して販売まで行うことができます。

しかも販売するにあたって初期費用無料なんです。

絵を描くことが好きで副業を探している人にはピッタリです!

今回はLINEクリエイターズスタンプを自作して稼ぐ方法について紹介していきます。

スタンプ制作から販売までの流れ

クリエイターズマーケットに登録しよう

  1. クリエイターズマーケットに登録
    LINEのアカウントを持っている人であれば誰でも登録できます。
  2. スタンプ制作
    決められた数のスタンプを制作します。
  3. 審査
    審査が終わるまでに1週間くらい時間がかかります。
  4. リジェクト
    提出したスタンプの中で審査に通らなかったスタンプのみ修正します。
  5. 販売
    審査に通ればスタンプ詳細事項を入力して販売開始です。
    詳細事項は、スタンプタイトルスタンプ説明文です。初めての人は販売者情報も編集しましょう。

クリエイターズマーケットはLINEを利用している人であれば誰でも登録することができます。LINEの販売を考えていればとりあえず登録だけ済ませておきましょう。

クリエイターズマーケットに登録する

スタンプ制作前に知っておくべきガイドライン

制作ガイドラインに注意しよう
制作が終わってから実は販売できないスタンプだったということがないように、スタンプ販売のガイドラインをよく読んでおきましょう。

販売できないスタンプがある!?

LINEスタンプのガイドラインに沿って制作しなければリジェクトと言って、申し込みを却下されます。
下手なスタンプであっても販売はできますが、不愉快になるようなスタンプはリジェクトされる可能性が高いです。
リジェクトとは再審査のことです。「そのスタンプ作り直してね。」という意味です。
スタンプを作る前にガイドラインは必ず見ておきましょう。

制作ガイドライン
審査ガイドライン

販売に必要なイラストの数

1つのスタンプを販売するのに合計で42個のスタンプを作る必要があります。

  • メイン画像×1個 横240px × 縦240px
  • スタンプ画像×40個 横最大370px × 縦最大320p
  • トークルームタブ画像×1個 横96px × 縦74px

ラインスタンプを制作してみよう

LINEスタンプを作るソフトやアプリはいくつかありますがイラストを描くといったらやっぱりイラストレーターがおすすめです。
プロも使用するので本格派はイラストレーターを使ってみましょう。

審査に出してみる

必要なイラストの枚数を用意することができたら実際に審査に出してみましょう。
審査には1週間程度かかります。

リジェクトされたら一部作り直そう

審査をしてもらうと一発で審査を通過する場合がありますが、審査に通らない場合もあります。
審査に通らなかった42個の内全部を作り直す必要はありません。通らなかったものだけ作り直して再審査をしましょう。

ラインスタンプを販売して売れるようになるコツ

審査に通ったら販売です。クリエイターズマーケットに沿って販売をすれば簡単に販売することができます。
しかし、販売されているスタンプの数は数万点あります。その中から自分が作ったスタンプを選んでもらうにはコツがあります。

まずは友達に宣伝

クリエイターズスタンプの数は数万点販売されています。放置しても人気が出ればランキングに反映されてうなぎ上りで売れていきますが、やはり注目されるほうがスタンプは売れやすいです。作ったスタンプは友達に話してみましょう。
たった100円なので興味本位で購入してくれる友達もいます。

スタンプの名前を変える

スタンプを購入する人は「スタンプショップ」で検索して購入します。検索キーワードに引っかかるようなスタンプ名にすることも大切です。例えばうさぎに関するスタンプなら「うさぎ+○○」といったようにうさぎというワードを入れるようにすると検索に引っかかり、購入率も高くなります。
スタンプタイトル:40字まで
スタンプ説明文:140字まで

LINEスタンプ宣伝サイトへ登録

LINEスタンプ宣伝サイトに登録するとたくさんの人に制作したスタンプを宣伝することができます。ランキングも用意されているので上位になれば、もっとたくさんの人に宣伝してくれます。登録無料なので、作ったら登録しておきましょう。

LINEスタンプ宣伝サイト

SNSで集客

手軽に宣伝できるのがSNSですね。「Twitter」「Facebook」「LINEホーム投稿」など友達とつながっているSNSで宣伝してみましょう。シェア、共有されることで拡散して、友達の友達が購入してくれることもあります。
LINEスタンプ用のTwitterアカウントを作って宣伝してみるのもいいかもですね。

ラインスタンプ売り上げ報酬を受け取ろう

ラインスタンプ報酬送金画面
自作したスタンプが売れると報酬が発生します。送金可能額が1000円を超えると指定銀行口座もしくはLINE Payにて報酬を受け取ることができます。銀行口座への送金は手数料540円かかりますが、LINE Payにて送金してもらうと無料になります。
送金日は送金申請してから45日以内です。

以上、LINE(ライン)スタンプを制作して副業として稼ぐ方法でした。

副業の関連記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加