5分で分かる格安SIM入門(節約編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

格安SIM

5分で分かる格安SIM入門

SIMカードとは?

SIMカード(Subscriber Identity Module Cardシムカード)とはSubscriber(契約者)をIdentity(識別)するという意味です。
簡単にいうと携帯やスマートフォンを利用するために必要なICカードのことをSIMカードと言います。
もともと携帯の端末の中に入っていて、出し入れをする機会がほとんどないため、SIMカードを見る機会は少ないとは思いますが
このSIMカードを携帯の端末に挿すことでインターネットや電話を端末で使用できるようになります。

SIMカードの形状は3種類あります。

標準SIM、MicroSIM(マイクロSIM)、nanoSIM(ナノSIM)とあり、標準SIMが一番サイズが大きく、nanoSIMが一番小さいサイズになります。iPhoneなどはこのnanoSIMで利用でき、端末によって利用できるSIMの大きさが異なるため、SIMカードを購入する際は端末がどのSIMカード野サイズが対応なのかを確認してから購入する必要があります。

SIMはわかったけど格安SIMって何?

大手携帯通信キャリアよりも格段に安く使える「仮想移動体通信事業者(MVNO)」が提供しているSIMカードのことを格安SIMと言います。
この格安SIMは大手携帯通信キャリアの通信回線を借りて格安SIMユーザーに提供しています。
主にドコモ回線を借りて提供している事業者なので格安SIMはドコモの通信が利用できる場所なら格安SIMも利用できるので安心して通信を利用することができます。

なぜそんなに安いの?

そもそも日本は携帯通信料金が一番高い国だと言われています。
日本人の月々の携帯料金を1万円だとすると、アメリカは7000円、香港などは2000円と言われています。
海外は格安SIMが浸透しているのに対して日本はかなり遅れています。
ちなみに、これを知ったときは自分の今までの常識が崩れ切なくなりました。

安さの秘訣は基本的に実店舗を持たないのが特徴です。

今、私たちが支払っている携帯通信料金のほとんどは大手通信キャリアの実店舗や宣伝費などのコストに充てられているから料金が高いのです。
実店舗を持たず、回線は携帯通信キャリアの回線を借りてユーザーに提供しているため、事業者は安い料金で通信を提供することができます。

格安SIMの通信業者

格安SIMを提供している事業者は今かなり増えていて格安SIM事業者の有名どころでいうと、NTTコミュニケーションズの「モバイルONE」、楽天の「楽天モバイル」、NTTぷららの「ぷららモバイル」などが挙げられます。他にも家電量販店のビッグカメラの「BIC SIM」やヤマダ電機の「YAMADA SIM」もなどもあり、多すぎてどこのSIMを購入したらいいか迷うくらいあります。

格安SIMの料金

格安SIMの料金体系は各事業者によってさまざまです。
データのみの最安値で680/月~利用できます。
初期費用も各会社によりますが1800円や3240円かかるところもあります。
音声付きのSIMはほとんどの会社は20秒/30円で利用できます。
格安SIMは音声の通話料金が高いのが特徴なので、通話をよく利用する人は気をつけましょう。
通話をあまり利用しない方は格安SIMにした方がよういでしょう。

格安SIMの押さえるべき選ぶポイント

データのみSIMか音声付きのSIMを購入するかをまず決めましょう。
音声付きというのは「090、080」などの音声を利用する場合はこちらを選びましょう。音声付きでなくてもIP電話というインターネットを利用した通話(無料のLINE電話もこれにあたります)は可能ですが音声が安定していないため、あまりおすすめはできません。

月にどれくらいのインターネットを利用しているかを把握しましょう

データ通信容量と言って1Gだと月に1Gまでの通信を行うことができます。7Gだと7Gまでの通信を使うことができます。これを超えると通信のリセットの日まで通信制限がかかり、めちゃくちゃ遅い通信速度で利用することになります。

1Gってどれくらい?

1Gの目安はスマートフォンなら4338ページ見ることができ、メールだと300文字程度で20400の送受信ができます。
動画だと約50分を見ることができます。
月にどれくらいの容量を使用しているかわからない方は契約しているキャリアに問い合わせると利用状況がわかりますので、どれくらい使っているかを把握しておくのがいいと思います。

各会社によって通信速度の制限だったり、データ容量の大きさもさまざまなので、自分のインターネットの利用状況によって選びましょう。
日本人の月のデータ利用状況は平均で月に2Gらしいです。

格安SIMの申込み方法

家電量販店だと店頭で格安SIMを契約することは可能ですがほとんどの格安SIMはインターネットで申込みをします。そしてクレジットカードがないと契約できない場合が多いです。
NTTコミュニケーションズのモバイルONEなら口座振替も可能みたいです。

まとめ

スマートフォンで音声通話を使用しない人なら断然格安SIMがおすすめです。
今の携帯の利用料金が筆者なら7割(7000円ほど)削減できました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加