ハピタスの安全性を検証してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ハピタスの安全性
ポイントサイトのハピタスドル箱というポイントサイトから名前を変えてスタートしました。ハピタスは高還元率のポイントサイトで遊べるゲームが少ない変わりにポイントへの還元を多くしているため、ショッピングやカード発行、サービス登録などで稼ぎやすいサイトです。

ドル箱時代を合わせると10年近く続く、ポイントサイトになりますが、初めてハピタスをする人にとっては本当に安全で安心して利用できるか不安だとおもいます。
今回はハピタスは本当に安全なのかを徹底検証してみました。

▼関連記事
2chでのハピタスの評価と評判

ハピタスの運営情報

運営会社 株式会社オズビジョン
運営年数 2006年5月26日会社設立
2007年3月ドル箱をオープン
2012年11月ドル箱からハピタスにリニューアル
会員数 2015年4月 150万人突破
スマホサイト あり
メールマガジン 1日0通~2通
ポイントレート 1ポイント=1円
換金手数料 無料
ポイント有効期限 12か月間ログインがなければポイントとアカウント失効
登録情報 性別
職業
都道府県
生年月日
メールアドレス
携帯電話番号
ニックネーム
パスワード
年齢制限 12歳~

ハピタスのセキュリティは万全なのか?

ハピタスJIPCとプライバシーマークを取得しています。
プライバシーマークがない企業は少し不安がありますがこの点では大丈夫そうですね。
また秘密の質問を設定できるのでアカウントの乗っ取りを防ぐことができて安心です。
ハピタスはSSLも設定しています。
SSLはクレジットカードやログインをするときに暗号で情報を漏らしにくくすることができます。
このSSLがないと必ず漏れる、というわけではないですが、情報が漏れる危険性は高まります。

ハピタスに登録したら迷惑メールが来るのか?

ハピタスの会員情報の登録には電話番号とメールアドレスを登録する必要があります。
まず、メールアドレスを登録して迷惑メールが来るのかということですが、
登録してもハピタスからのメールが一日に平均1通来ますが、
ハピタス以外からのメールは一切入ってきませんので安心してください。

また、電話番号の登録もしますが、
登録した番号に知らない人から電話がかかってくることもないので大丈夫です。

▼関連記事
ハピタス(Happi+)の登録方法と手順

住所の登録するけどハガキやダイレクトメールはきますか?

どのポイントサイトも同じですが住所の登録はしますが、ハガキやダイレクトメールが届くことはないので安心してくださいね。

サイト閉鎖・倒産のリスクについて

どのポイントサイトにもいえることですが会社倒産や閉鎖のリスクはあります。
これはどうしても見分けることができないので
JIPC(日本インターネットポイント協議会)に加入しているかを確認しましょう。
JIPCに加入していることによって閉鎖前の1か月前に必ずユーザーに通知が来るようになっています。

なぜJIPCができたかというと
悪質なポイントサイトはユーザーに広告利用をさせて
ポイントサイト側が利益が上がり、ユーザーが換金する前にサイトを閉鎖させます。
このような悪質サイトではないということでJIPCに加入しています。
ここに加入していないポイントサイトは、昨日まで使えていたのに
急に閉鎖になる可能性もあるので注意してください。

以上、ポイントサイトのハピタスの安全性を検証してみたでした。

ハピタスを始めよう
▼ ▼ ▼ ▼
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスの関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加